ネイリストとして働くためには

ネイリスト

ネイリストとして働く上で多くの方が気になるのは、おそらく「求人状況」「収入面」「将来性」の3点ではないでしょうか。ここではそういった点について説明しています。

そもそもネイリストの求人はどのぐらいある?

「ネイリストになりたい!」という夢を持つ女性は本当に多くいます。
これだけネイリストになりたい人がいるなら働き口の倍率はものすごく高くなって私なんか働けないんじゃ・・・?という心配をする人もいると思いますが、少なくともあなたが生きているうちにネイリストの求人がなくなることはまずないでしょう。

なぜなら、日本ではここ数年で急速にネイリストの需要が高まっており、日本で最も権威があるとされるネイリストの資格であるJNECは、2012年に「公益財団法人」として認定されています。
多くの国ではネイリストは国家資格ですが、この流れで日本でも国家資格になることが予想されるため、そうなるとさらなる需要が増えるでしょう。

また求人サイトを除いてみると、東京だけでも700件以上のネイリストの求人があり、需要に供給が追いついていない状態です。

以上のことから、少なくとも働き口がなくなるということはないといえるでしょう。

ネイリストの求人はあるの? 

ネイリストの給料・年収・収入事情

ネイリストの働き口があるか、と同じぐらい興味をもたれるのは、やはり収入ですよね。
いくら働き口があっても、生活できないほどの給料しか稼げないなら続けることは難しいです。

ネイリストの年収の平均は、およそ300万円前後。月給で言うと22~25万円ほどだと言われています。
給料だけで見るとちょっと心細く感じてしまうかもしれませんが、1日中好きなことをしてこれだけ稼げるならかなり幸せではないでしょうか。

もちろんあなたの努力しだいでさらに収入を高くすることもできます。
一番手っ取り早いのは個人サロンを開業すること。
1部屋借りて椅子とテーブルがあるだけであなたのネイルサロンを始められます。

人気度によっては500~600万稼ぐことも無理な話ではないでしょう。

ネイリストの年収はどのぐらい?

ネイルの本場・海外で働くためには

ネイリストとして更なる高みを目指すなら、海外で働くことも視野に入れるべきでしょう。
もちろん簡単に実現できるものではありません。たくさんの準備や努力が必要になってくるからです。

とはいえ、「自分にはまだ早い。もっと完璧に準備ができてから・・・」と後回しにしていても、完璧に準備ができるなんてことはありません。どんなに整えても、なにかしらの不足を感じてしまうものなのです。

それなら多少準備が足りていないように感じても、勢いで飛び出しちゃった方がスムーズに動き出せます。ただしその際は、しっかりサポートしてくれるスクールを見つけておくことが重要です。

スクールによっては海外ライセンスの取得だけでなく就職サポートまで対応してくれるところもあるので、海外で働く夢を最短距離でかなえることができますよ。

ネイリストとして海外で働くには