ネイリストの年収はどのぐらい?

ネイリストの年収

好きなことを仕事にと思っても、やっぱり気になるのは年収ですよね。ここでは一流のネイリストとして活躍する方から伺った話を元に、説明していきます。

相場は300万円前後。月収22~25万円

ネイリストの年収の相場は300万程度です。これを月収換算すると、22~25万円ぐらいになります。歩合制のサロンであれば、指名や人気度によって500万円くらい貰っているネイリストもいます。
ただし初任給はもっと少なく、年収220~250万円、月収だと18~21万円程度です。

最初の1~3ヶ月程度は研修期間としてバイトと同じ程度の給料(時給950~1,200円ぐらい)になり、その後も1年ぐらいは月18~20万円程度のところが多いからです。
求人情報を見ていると、サロンの実務経験2年を目安に、はじめから給与に差を持たせているところもあります。

1~2年実務を積んだその後は、あなたの努力しだいで年収をあげることができます。
サロンで固定客をしっかりつけてから独立すれば、年収500~600万円もそう難しい夢ではありません。
高い年収を目指すなら、独立を視野に入れて人脈を作っておくことが重要になります。

資格やコンテスト受賞歴で年収は大きく変わる?

コンテスト受賞

資格取得やコンテストの受賞歴で、年収は大きく変わります。
例えばあるネイルサロンでは、資格保有者へ資格手当てとして月1~2万円程度を通常の給与に上乗せして支給しています。
その他にも、資格がJNEC2級以上であれば、通常の基礎的な施術の他に、オプションとしてできることが多いため、その分歩合が多くもらえることから給料が高い場合もあります。

さらに、資格があるとお客様にも選ばれやすくなります。例えば、指名料が500円×1人×20日とした場合、月1万円多く稼ぐことができますね。 サロンによって制度は異なるため、一概にはいえませんが、だいたい3級と2級で、収入の違いは月給5万円、時給だと500円くらいになるサロンもあります。

特に持っておくと強みになる資格としては、JNEC1級・JNA上級が挙げられます。これらはネイリストにとって権威ともいえる資格で、持っているとあなたのネイリストとしての価値を高めてくれます。
JNEC1級保有者は、全JNEC資格保有者の10%しか取得できていない高いレベルです。

集客力のあるネイリストになるためには、コンテスト受賞経験も重要な要素になります。優勝者のデザインしたネイルだと思うと、それだけで良く見えるというのがお客様の心理です。
ちなみに、初めてコンテストに出場するのであれば、まずは小規模なコンテストを狙って上位入賞を目指すと、お客様からの注目を浴びやすいうえに入賞しやすくておすすめですよ。

サロンのリーダーや経営者として活躍したいなら、ネイルサロン衛生管理士やネイリスト認定講師の資格を持っているといいでしょう。
これを持っていれば、サロン内で重要なポストに昇進しやすくなったり、独立するときに有利にはたらいたりします。それに伴って年収もグッと高まることが期待できますね。

上を目指すなら本場アメリカも視野に

ニューヨーク

数多くいるネイリストの中から頭ひとつ飛び出すには、本場アメリカで働くこともネイリストとしての価値を高めることに繋がります。
アメリカは世界のファッションを牽引する国のため、世界中から才能あるネイルアーティストが集ってきます。
トップレベルのネイル技術を、間近で学ぶことができるため、あなたの技術や独自性はどんどん磨かれるでしょう。
帰国して日本で働く場合にも、海外で働いた経験はあなたの価値にハクをつけてくれます。

あなたが働くサロンのプロフィール欄で、「ニューヨークで○年働き~」などのバイオグラフィがあると、間違いなく指名率は高くなるでしょう。
指名率が上がると言うことは、固定客をつかむチャンスが増えるということです。それは独立開業して年収を上げるチャンスでもあります。
一部のスクールでは、これからネイリストを目指す方から、すでに日本でプロとして働いている方まで、海外で働くサポートをしてくれるところもあります。

ネイリストとして海外で働くには?